人気ブログランキング | 話題のタグを見る

にし阿波の傾斜地農業や傾斜地集落の現状、日々の記録をお伝えします。私の主たる追究テーマは、食用藍とお茶、生活文化等です。取り組みの主な舞台は、三好市西祖谷山村有瀬、東みよし町西庄、つるぎ町三木栃です。今後の課題は、関係者との協働関係の強化、取り組みの充実・深化です。キーワードは、「協働」。「伝える」「つなぐ」役割を果たしたいです。取組の成果は将来、書籍化するつもりです。


by nishiawa_31
 つるぎ町貞光三木栃の磯貝勝幸さん・ハマ子さん経営の磯貝農園では、インターネット通販サイト「食べチョク」にも積極的に出品され、売り上げを伸ばされていることは本ブログでも紹介させていただいているとおりです。
 特に、10月から手作りこんにゃくの製造、販売を開始されたことで、お客様の人気が沸騰しています。磯貝農園の強みは、加工品です。
 「磯貝農園」さんの本サイトにおけるお客様との丁寧なやりとりを拝見させていただくと、お客様の信用、信頼と期待を得られていることが分かります。今や、「磯貝」は揺るぎないブランドとして確立され、お客様の信用と信頼、期待につながっています。
皆様も是非、「磯貝農園」の商品をお買い求めいただき、「美味」を実感なさってください。
 傾斜地農業維持のキーワードは、「持続可能」と「エシカル」です。「持続可能」は行政の支援も必要ということもありますが、農家側の努力によるところも大きいと思います。「エシカル」は消費者側の資質によるところが大です。何が一番価値ある商品かという物事の本質をしっかり見極め、エシカルな消費者であることが傾斜地農業維持の大きな力となります。
 安さを追い求めるばかりが「エシカル」ではありません。少々高い買い物に付くとしても、その商品の価値を理解し、生産者の思いや姿、表情に思いを馳せ、価値ある買い物をすることこそ「エシカル消費」ということになります。
 皆様にも「エシカル」な消費者である前に一人の人間として、しっかりと磯貝農園、そして傾斜地における農家の方たちの努力を受け止めていただきたいと願っています。
7143 本当に価値ある商品とは?@つるぎ町貞光三木栃磯貝勝幸さん・ハマ子さん 10/10_e0407569_22503162.jpg
(「食べチョクホームページ」より)

# by nishiawa_19 | 2021-10-27 06:05 | つるぎ町
 徳島県西部総合県民局三好農業支援センターに依頼していた茶畑の土壌分析の結果が出ました。今回試験を依頼していたのは、三好市西祖谷山村有瀬の楽校の宿あるせ下の茶畑と有瀬上の天野久寿一さん宅の茶畑、つるぎ町貞光三木栃の磯貝勝幸さん・ハマ子さん宅の岸茶周辺の土壌です。
 試験の結果は、磯貝さん宅には持参させていただきました。有瀬の平松功さん、天野久寿一さんには近日中にお持ちします。
 試験の結果気づくのは、①磯貝さん宅の岸茶周辺の土壌の石灰分がかなり多いこと、②磯貝さん宅の茶畑のリン酸の含有量が少ないことです。リン酸が多いと、茶葉に亜鉛欠乏症の白い斑点が表れます。
 リン酸(P)は、肥料の三大要素の一つで植物の遺伝情報の伝達やタンパク質の合成などを担う核酸の重要な構成成分となります。施肥を考える上では、「実肥」と呼ばれ、開花・結実を促すためにリン酸が必要となります。また、植物全体の生育や分げつ、枝分かれ、根の伸長など様々な要素に関わっています。
 カリウム(K、加里)は、肥料の三大要素の一つで植物体内でカリウムイオンとして存在しています。カリウムイオンは葉で作られた炭水化物を根に送り、根の発育を促したり、植物を丈夫にして病気などに対する抵抗力を高める働きがあります。そのため、カリウムは「根肥」と呼ばれます。カルシウム(石灰・Ca)は葉や実の組織を作ったり(細胞膜の生成と強化)、根の生育促進に資します。(「農家webホームページ」より)
7142 茶畑の土壌分析試験結果判明@三好市西祖谷山村有瀬、つるぎ町貞光三木栃 10/10_e0407569_22150998.jpg

# by nishiawa_19 | 2021-10-27 06:00 | 三好市
7141 揺るぎないブランド確立、そして信用、信頼と期待@つるぎ町貞光三木栃の磯貝勝幸さん・ハマ子さん宅 10/10_e0407569_19515956.jpg7141 揺るぎないブランド確立、そして信用、信頼と期待@つるぎ町貞光三木栃の磯貝勝幸さん・ハマ子さん宅 10/10_e0407569_19515466.jpg7141 揺るぎないブランド確立、そして信用、信頼と期待@つるぎ町貞光三木栃の磯貝勝幸さん・ハマ子さん宅 10/10_e0407569_19515601.jpg7141 揺るぎないブランド確立、そして信用、信頼と期待@つるぎ町貞光三木栃の磯貝勝幸さん・ハマ子さん宅 10/10_e0407569_19552627.jpg
 「木綿麻温泉」の出張販売では、長瀬の上井ふみさんのお店に藍茶が登場しました。美味しそうに仕上がっています。さすがですね。上井さんのお店では、生姜のらっきょう酢漬けやなすびなども出ていて、賑やかでした。
 磯貝さんのお店では、粒あんと栗餡入りのムラサキイモのお餅やそば、こんにゃく、
岸茶、唐辛子、生姜、なすび、ぜんまい、梅干し、らっきょうなどが出品されていました。
 お餅やこんにゃくがよく売れていました。「磯貝」はもはや揺るぎのないブランドとして確立されています。このことは、「磯貝」でなければという信用や信頼、期待につながっています。
 磯貝さんはこれまで地道に地道に、地味な努力を重ねられてきました。こうした努力が今、実を結びつつあります。
 岸茶については、磯貝さんのお孫さんが焼いておられるクッキーのほか、近々東みよし町加茂の「みかも喫茶」で岸茶の塵粉を使ったパンケーキがお目見えすることになり、その試食会が行われます。
 磯貝農園はますます発展していきます。
 皆様にもしっかり御認識いただき、磯貝農園への応援をいただきますようどうかよろしくお願いいたします。

# by nishiawa_19 | 2021-10-27 00:10 | つるぎ町
7140 「木綿麻温泉」出張販売は今日も活気@つるぎ町貞光長瀬 10/10_e0407569_19492493.jpg7140 「木綿麻温泉」出張販売は今日も活気@つるぎ町貞光長瀬 10/10_e0407569_19493213.jpg7140 「木綿麻温泉」出張販売は今日も活気@つるぎ町貞光長瀬 10/10_e0407569_19493867.jpg7140 「木綿麻温泉」出張販売は今日も活気@つるぎ町貞光長瀬 10/10_e0407569_19522539.jpg
 つるぎ町貞光長瀬の「木綿麻温泉」に来ました。今日も、三木栃の磯貝ハマ子さんと長瀬の上井ふみさんが出張販売に来られており、お客様と賑やかに話しをされていました。
 磯貝さんにお送りした「新鮮野菜」と「餅」の幟が目を引きます。正面に掲示するポスターもちゃんと掲示してくださっています。 
こうした努力の甲斐あってか、今日は県内外のお客様が次々来られてお買い物をされていきました。
 3日(日)に磯貝さん宅に来られたお客さん20名が磯貝さんの提供されたお料理を「おいしい×2」と大変喜んで食べてくださったことを大変喜ばれています。バーベキューをされましたが肉は6kg、ごうしゅういもは3kg、ご飯(おこわ)は2升炊かれたそうですが、これがすべて完食されたそうです。
 「三木栃」の語源ですが、三木栃にはトチノキが三本生えていたことからこの名が付いたと言われています。(磯貝ハマ子さん談)
 明日は町の畑で御主人の勝幸さんと息子さんの一幸さんがいも掘りをされるそうです。
 また、磯貝さんのお宅には視察や聞き取りのための来客が後を絶ちません。
 傾斜地農業のプロ中のプロとして、これらに対応され、人材を育成していくことも大きな使命を言えます。磯貝さんは、人を大切にされながら、こうした依頼にも丁寧に対応されています。

# by nishiawa_19 | 2021-10-27 00:05 | つるぎ町
7139 端四国八十八ヶ所霊場第19番「平野堂」@つるぎ町貞光平野 10/10_e0407569_19460133.jpg7139 端四国八十八ヶ所霊場第19番「平野堂」@つるぎ町貞光平野 10/10_e0407569_19460445.jpg7139 端四国八十八ヶ所霊場第19番「平野堂」@つるぎ町貞光平野 10/10_e0407569_19460645.jpg7139 端四国八十八ヶ所霊場第19番「平野堂」@つるぎ町貞光平野 10/10_e0407569_19460889.jpg
 つるぎ町貞光平野の「平野堂」は端四国八十八ヶ所霊場第19番札所です。家賀集落に上がる途中にあります。
 見つけるのにちょっぴり苦労しました。つるぎ町を剣山に向かって、貞光川に沿って国道438号を走ると左手にコンビニが見えてきて、美馬市穴吹町の口山へと通じる県道があります。
 ふつうお堂は、見晴らしの良い場所に建っている事が多いのですが、「平野堂」は山陰に隠れた場所にひっそりとありました。
 「平野堂」には、旧の美馬郡貞光町の東端山の庄屋で「定満谷(さだみつだに)」の郷士武田家の代々の位牌と肖像が祀られ、この地区の「氏堂」となっています。「氏堂」とは、自分の屋敷の内外に持仏堂を建てたものです。
                    (「すえドン♪の四方山話」ブログより)

# by nishiawa_19 | 2021-10-27 00:00 | つるぎ町