人気ブログランキング |

にし阿波の傾斜地農業や傾斜地農家の現状、にし阿波の魅力、日々の記録をお伝えしていきます。私の主たる追究テーマは、食用・染料藍とお茶、祭祀信仰等です。取り組みの主な舞台は、三好市西祖谷山村有瀬、東みよし町増川です。今後の課題は、関係者との連携を強化し、取り組みを充実・深化させることです。キーワードは、「協働」です。「伝える」「つなぐ」役割を果たしたいです。取組の成果は将来、書籍化するつもりです。


by nishiawa_31

3414 藍染め石鹸~高松市香南町横井道の駅「香南楽湯」

3414 藍染め石鹸~高松市香南町横井道の駅「香南楽湯」_e0407569_17272621.jpg3414 藍染め石鹸~高松市香南町横井道の駅「香南楽湯」_e0407569_17272638.jpg3414 藍染め石鹸~高松市香南町横井道の駅「香南楽湯」_e0407569_17272614.jpg3414 藍染め石鹸~高松市香南町横井道の駅「香南楽湯」_e0407569_17272672.jpg
 香川県高松市香南町横井の道の駅「香南楽湯」です。道の駅に温泉があります。
 ここには、産直もあります。こちらに立ち寄ったのはお昼過ぎでしたが、お野菜などはほとんど売り切れていました。香川県では、徳島県に比べて、産直の利用度が高いようです。
 珍しい商品としては、赤ビーツがありました。中までで赤く、鉄分やミネラルが豊富で、「飲む輸血」と言われるほど栄養価が高いそうです。
 温泉には、物産コーナーもあり、地元香川県を中心に四国の土産物が売られています。ここで注目したいのは、オリーブの加工品です。オリーブそうめんやオリーブうどんです。 写真にはありませんが、オリーブかりんとうもあります。
 藍では、藍染め石けんがあります。これは香川県三木町の藍色工房さんが製造された商品です。藍色工房さんの藍農園は、徳島県吉野川市山川町にあり、染め場も同じ場所に併設されています。
 藍色工房さんは、肌荒れに悩む家族のために作った「藍染め石けん」を主力商品として販売する会社として、2005年に設立されました。
 石鹸工房では、昔、欧米のお母さんたちがキッチンで家族のための石けんを作っていた頃のクラシカルでシンプルな製造方法である「コールドプロセス」を採用し、藍を中心とした自然素材と新鮮な植物油をたっぷり配合して最大60日かけ手作りしています。(藍色工房ホームページより)。
 同社のホームページには藍染めや原料のタデアイに関するコラムも掲載されていますので、どうぞ御覧ください。
3414 藍染め石鹸~高松市香南町横井道の駅「香南楽湯」_e0407569_21403282.jpg
(藍色工房ホームページhttps://aiironet.com/より)


by nishiawa_19 | 2020-08-18 06:00 | その他(県外)