人気ブログランキング | 話題のタグを見る

にし阿波の傾斜地農業や傾斜地集落の現状、日々の記録をお伝えします。私の主たる追究テーマは、食用藍とお茶、生活文化等です。取り組みの主な舞台は、三好市西祖谷山村有瀬、東みよし町西庄、つるぎ町三木栃です。今後の課題は、関係者との協働関係の強化、取り組みの充実・深化です。キーワードは、「協働」。「伝える」「つなぐ」役割を果たしたいです。取組の成果は将来、書籍化するつもりです。


by nishiawa_31

5248 三好市西祖谷山村有瀬「三部神社」~三好市総合学術調査より 3/22

5248 三好市西祖谷山村有瀬「三部神社」~三好市総合学術調査より 3/22_e0407569_19290718.jpg5248 三好市西祖谷山村有瀬「三部神社」~三好市総合学術調査より 3/22_e0407569_19290782.jpg5248 三好市西祖谷山村有瀬「三部神社」~三好市総合学術調査より 3/22_e0407569_19290787.jpg5248 三好市西祖谷山村有瀬「三部神社」~三好市総合学術調査より 3/22_e0407569_19290749.jpg
 三好市西祖谷山村有瀬の「楽校の宿あるせ」の上にある「三部神社」の本殿は木造、一間社流造、柿葺、軒唐破風の建築様式が特徴です。
 この社屋は三好市の南部、高知県境に近い山腹に鎮座しています。
 『西祖谷山村史』によれば、1628年(寛永5)の創設で、祭神は素戔嗚尊他6神と伝えられています。
 平成29年度・30年度の2年間にわたって阿波学会による総合学術調査が行われ、その成果が『紀要』にまとめられています。
 同『紀要』は市販もされていますので、どうぞ御購入の上、お読みください。
 当社には県下でも類例のない神楽が伝えられており、毎年10月第2日曜日、三部神社の秋祭りに奉納されていましたが現在は担い手がいなくなり、行われなくなっています。

by nishiawa_19 | 2021-03-26 00:00 | 三好市